1.なぜ地域猫活動が必要なの?

皆さまがお住まいの地域でも、所有者(飼い主)のいない猫、所謂「ノラ猫」を見かけることがあるのではないでしょうか。

そのような「ノラ猫」も、私たちと同じ大切な命ですね。

「せっかく生まれてきた命だから、大切にしたい。」そう思われる方もおられます。
しかし、私たちが暮らす地域には、猫が大好きな人ばかりではありません。
「猫アレルギー」の方もおられますし、「猫なんて大嫌い」とな「関わりたくない」「どうでもいい」という方も中にはいらっしゃいます。

けれども、この「ノラ猫」たちを放っておいて良いはずはありません。

実際、私たち動物愛護団体が受ける相談の多くは、この「ノラ猫」を巡って生じた、地域社会が抱える新たな問題です。

置き餌などにより生じる環境問題・喧嘩や発情期の鳴き声による騒音問題・糞尿被害・病気や怪我を負った猫たち・繁殖問題などなど、、、。

地域の問題は地域社会全体で解決出来る問題です。そこに、私たちのような動物愛護団体がお手伝いしながら、問題解決に向けて地域住民の方々と協力して取り組んでいく活動。
それがこの「地域猫活動」なのです。

餌を与えないこと(餌場を撤去すること)が、解決になるのでしょうか?

猫を追い払うことで、解決する問題でしょうか?

違います。

元々、人間と共に生きる為に生まれてきた「猫」は、人に捨てられることにより「ノラ猫」となりました。

このように、「ノラ猫」を作り出したのは、他でもない私たち人間なのです。
見て見ぬ振りを繰り返すのではなく、私たちと同じ命が、1代限りの生を穏やかに全う出来るように見守っていける地域社会が、もっともっと広がるように、私たちは地域猫活動を推奨し、サポートしています。

2.具体的にどんなことをやったらいいの?

⑴まずは、「ノラ猫」問題が起きている地域を管轄する行政機関などに、相談してみましょう。近年、不妊手術に関する助成金制度があり、相談にのって下さる事もあります。
また、「ノラ猫」に迷惑を受けているという方や、餌やりをしている方など、その問題に関わる人々も含めて意見交換する場をもち、最終的には地域住民が協力して「地域猫」として、管理出来る方向で具体策を打ち出していきましょう。

⑵不妊手術を行う。
(ノラ猫の不妊手術に、助成金制度を設けている市区町村や、動物関連の団体がありますので、調べてみましょう。)
☆手術中に猫の片耳をV字にカットします。これは、不妊手術を受けたという目印です。仔猫を産むことなく、一代限りの命であることの証となります。
☆室内飼いの猫も、繁殖を希望されない場合には、不妊手術をおすすめしています。これは、万が一(災害時や脱走した時など)屋外に出てしまった時も、繁殖を防ぐことを目的としています。

⑶置き餌をしない(ご飯の時間を決める。後片付けも行う。)

⑷トイレのお世話をする(餌場のそばに専用のトイレを作る。臭気に配慮し、定期的に清掃を行う。)